最近の記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
プロフィール

こだま

Author:こだま
ワーネバが好き。
ドイツが好き。
甘いものが好き。
A型さそり座。
ワルガキ系。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
フランコ国最愛の人 1
前回書いた通り、フランコ国をプレイ中なのですが、
思っていた以上にフランコ国に愛着があることに今さらながら気が付きました。

最初の頃からずーっと、PCを友達だと思ってくれてた、
かわゆいウィスニーたんw9452.gif

すてきなオジサマ、タハールさん07f3.gifは、
メイン国でこの顔がよその家で産まれた時、PCの婿に決定した原因となったお方w
デモ画面でもおなじみの、スウィング&パトリース・エルナンデス夫妻やら、
忘れちゃいけない、ナッシュ兄弟やら。
とても懐かしくて、最初にプレイした時の事を思い出しながらフランコ国での毎日を送っています。

実を言うと、フランコ国は今までに2,3回しかプレイした事がありませんでした。
最初にプレイした時の旦那様が好きすぎて、その人以外となかなか結婚する気になれなかったのです。
その人とは……





01d3.gifデペッシュ・ナッシュ。
一番好きな3段階目の姿でw

もう~~、デペッシュ、大好きです!!
忘れられない初期国民というと真っ先にハリスを思い出しますが、
ハリスとの思い出が悲しいものだったのに対し、
デペッシュを思い出す時は『愛されていたなあ……』と、じんわり温かい気持ちになります。

今回は、デペッシュの思い出など書いてみたいと思います。


当時、私はまだワーネバを始めたばかりで、PS版メイン国の初代をプレイしている頃でした。
このブログの「初代カヲル」のところにも書いた通り、旦那に浮気がバレ、
毎日「カヲルなんてキライだよ」と攻め立てられ、離婚したいのに当然それもできず、
アラニス国での生活に疲れ果てていました(笑)
そんな時、オアシスを求めて新規にゲームを始め、
気に入った顔が出たので入国したのが、フランコ28国だったのです。
その頃はまだ基本国が28あるなんてことも知らなかったので、この国に来たのはまったくの偶然でした。

PCは、64f2リーゼル・シュレーダー、きちょうめん。

イイ男はいないかと、道行く人に片っ端から声を掛け、そして一目ぼれしたのが

01f2……アレック王子(笑)

実を言うと、最初に狙っていたのは王子の方でした。
まあね、あの美貌だものね。初めて見た人が心を奪われるのも無理ありませんよね。

アラニス国ではハリスもビリーもジマ・リムの所属だったため、
『イイ男はジマ・リムに多い!』と睨んでいた私は、リーゼルの所属もジマ・リムにしていました。
そこで出会った王子がジマ・リムだったわけですから、
これはもしかして運命!?』などと舞い上がってしまったのも無理からぬ話です。(そうか?)

この時点でのデペッシュ01d2の位置づけは、はっきり言って補欠。アレックの次くらいの位置でした。

それから夜になると評議会館邸におじゃまし、

01f2「好きな人ができたら積極的に話しかけることだね」
64f2「なるほど~」

などという、しらじらしい会話を繰り返す日々が続きました。
デペッシュには、アレックに話しかけるついでに、という感じで話しかけていました。
デペッシュもリューベンもサトシも、あくまで「ついで」(笑)

そして待ちに待った7日。移住者制限が解除される日。
リーゼルは早速アレックの元へ。

64f2(ドキドキ)「彼女とかいるの?」
01f2「いるよ」

……ガーーン……。
略奪は好きじゃないので、諦めることにしました。早っ!
今思えば、ですが、もし、あの時諦めずに誘っていたら、
アレックはOKしてくれたんじゃないかと思うのです。
そうしたら、フランコ国の思い出も随分違った物になっていたんでしょうね。

ともあれ、この時はあっさり諦め、
『仕方ない、第二候補のデペッシュでいいか』などとバチあたりなことを思っていたのですが……。

デペッシュが友人欄に入らない……。

友人欄に入らなければ、誘うことができない。彼女いるかも確かめられない。
それに、リューベンやサトシは誘いに来るのに、肝心のデペッシュはちっとも来てくれません。
『彼女いるんだろうか。神様、いませんように……!!』
こちらからはどうすることもできず、向こうから来てくれることを祈るしかありませんでした。
悶々としたまま数日が過ぎて、あれは確か17日の夕方。
家の前で呼び止められ、振り向くと、そこにはデペッシュが!

01d2「明日遊びに行かない?」
64f2「いいよ。大通り南で待ち合わせね」

ワーネバ歴14年になりますが、誘われてあれだけ嬉しかったこともありません。
ずっと待つだけでしたからね(笑)

64f2やったー!彼女いなかったんだ!よかった……よかったよーー!!

セリフと顔グラがこれだけ合わないのも珍しい(笑)

次回に続きます。


©althi Inc.
スポンサーサイト
フランコ国 | 【2014-06-15(Sun) 13:36:53】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。